ヤダヤダヤダ!こんなおしりって思ったこと無い!?

おしりニキビと粉瘤違いわかる*?

あまり知られていないのですが、お尻もニキビが出来やすい場所の一つです。下着が蒸れたり、摩擦で擦れたり、圧迫されたりなどで皮膚への刺激が大きいために起こります。角質が厚くなって皮脂も多量に分泌されるようになって毛穴も詰まりやすくそのためアクネ菌の温床ともなっています。

 

お尻に出来るニキビは、座っている時にも痛みを感じたり、場所が場所だけに気になる人も非常に多いようです。出来てしまったニキビは、絶対に触らないようにしましょう。できれば早めに医療機関で受診をして、医師の判断の基で、適切な処置を施しましょう。清潔に保つことも大変重要です。

 

お尻のニキビと粉瘤について

お尻に出来たニキビですが、おできや粉瘤であることもあります。おできはシャンプーやボディーソープなどの洗い残しが原因であることが多いので、患部を清潔に保つようにするだけで大分よくなるようです。粉瘤の場合には手術をしなければ治らないことがあります。いつも同じ場所に吹き出物が出来るなど気になる症状があったらすぐに専門機関を受診してみましょう。

 

お尻に出来てしまったニキビですが治療だけでなく、予防することも非常に大切です。お尻のニキビの予防も顔のニキビと同じように食生活に気を付けたり、男性ホルモンの分泌が活発になるような生活など日常生活にも気を配りましょう。皮脂の分泌が増えるとお肌のターンオーバーが乱れてますますお尻のニキビが増えてしまうかもしれません。

 

下着も化学繊維のものは通気性が悪く、肌が蒸れたり擦れたりすることが多いので、ニキビが出来やすくなります。綿100%や汗の吸収のよい素材のものを使用するようにしましょう。
お尻のニキビを悪化させないように、汗をかいた時には注意をしましょう。いつも清潔にして汗をかいた時には、すぐに下着を取り替えたり、蒸しタオルなどで拭うようにしましょう。いつも気にしてマメにお手入れをすることが重要です。(